記事一覧

もっとみる

49日前に遺品整理してはいけない?


49日

遺品整理のタイミングはいつ頃するべきなのか迷われる方が多いことと思います。

特に49日の法要の前に遺品整理をするのは良くないのでは…?とためらわれることもあると思いますので、ここでは49日の法要の意味について考えてみましょう。

 

遺品整理を49日前にするのがあまりよくない理由は?

49日の法要というのは、49日は亡くなった人がこの世に残って新しい生への準備をしていた期間が終わり、極楽浄土へと旅立つ日にあたる為、残された者たちが故人の無事な成仏をお坊さんのお経とともに祈るという法要です。

そしてこの49日間というのは、遺族が悲しみの中で日常生活に戻る為の気持ちを整理する期間でもあります。

その為、49日前に遺品整理をすると魂がさまようというようなことはありませんが、昔の人に知恵で、家族が亡くなり、通夜、葬儀、様々な手続き、そして49日の法要の準備に追われる日々の中で、無理に遺品整理まですることは、悲しみや疲れが大きくなるから、49日が済んで、気持ちの整理がつき、さまざまな雑務から解放された後が遺品整理を始める良いタイミングであるということなのだと思います。

遺族は故人の亡くなった直後から、通夜、葬儀、役所や銀行での手続きに追われますが、さらに葬儀の後、49日の法要までには、菩提寺の住職と相談して法要の場所と日時を決め、招待者の人数に合わせて案内状を送り、会食や引き出物、お布施、お供え物の用意をし、葬儀の時の白木の位牌に変わる漆の塗位牌を作らなくてはならないので、遺品整理にまで手が回らないことも多いことと思います。

そして、また故人の霊がこの世にいるうちに、遺品を整理してしまうのは申し訳ないという気持ちもあるのではないでしょうか?

ただ、故人の住まいと現在の自分の住まいが遠く離れていて、49日の法要の前に遺品整理をすませておきたい、故人が住んでいた家が借家だったので、期日までに部屋を明け渡さなくてはならないというような事情があれば、49日の前に遺品整理をしても、問題はありません。

日にちにこだわるよりも、故人の冥福を祈る気持ちの方が大切です。

 

【まとめ】

49日前に遺品整理をすることは、魂がさまよってしまうのでよくない事なのでは?と心配される方もありますが、49日というのは、故人の霊が新しい生への準備を終えて極楽浄土に旅立つとされている日なので、その前に遺品整理をした為に個人の魂がさまようということはありません。それぞれのご家庭の事情に合わせたタイミングで遺品整理をすることが大切です。