記事一覧

もっとみる

時計や宝石の遺品買取


時計や宝石の遺品

遺品の中に時計や宝石があった場合、専門家に鑑定してもらい、買い取りしてもらうことができます。

ここ数年、不幸があったお宅へ戸別訪問し、遺品を買いたたく悪徳業者が増えています。

その様な業者に付け込まれる前に、信用のおける専門家に鑑定、買い取りをしてもらうことをお勧めします。

 

遺品整理をしている時に時計や指輪、宝石、金、銀などが見つかった場合には、鑑定してもらいましょう。

時計、指輪、宝石類が見つかった場合、デザインが古い、汚れがある、黒ずんでいる、傷がついている、チェーンが切れている、留め具が追われている、宝石が外れている、イニシャルがついている、イヤリングやピアスが片方になっているというような状態であれば、廃棄してしまう方がいらっしゃいますが、このような状態であっても、査定価格がつく場合があります。

金の場合は、金の含有量に対しての査定価格が算出されるので、デザインや汚れは関係ありませんし、壊れた指輪なども代の部分と宝石の部分に分けてリサイクルするので、査定価格を出してもらえます。

また、時計はロレックスであれば、型が古くても高額な査定価格がつく場合があります。

 

遺品整理中に出てきた時計や指輪、宝石、金、銀などの鑑定から買い取りまでの流れ

買取には店舗買い取りと宅配買い取りがあります。

飛び込みで訪問してくる宅配買い取り業者は、悪質な業者ですので、応対しないように気をつけてください。

店舗買い取りの場合は買い取り業者の店舗に宝石など鑑定してもらいたい品を持ち込む方法、宅配買い取りは電話やメールで申し込みをし、業者が送ってきた宅配キットに品物を入れて発送するという方法です。

品物が到着すると、業者が鑑定して買い取り価格を伝えてくれるので、納得ができる価格であれば買い取りしてもらい、そうでない場合は送り返してもらいます。

どちらの場合も費用は掛かりません。

 

【まとめ】

壊れている、古いなどと素人判断をせずに、買い取り業者に鑑定してもらいましょう。

鑑定までは無料なので、納得がいかない場合には、断ることもできます。