記事一覧

もっとみる

遺品はどこに行くのか?


遺品はどこへ?

遺品整理の後、搬出された品々はどこへ行くかというと、リサイクルする場合もありますが、悪質な業者によって不法投棄という捨て方をされる場合もあります。

 

遺品が不法投棄される?

ここ数年遺品整理業者の需要が増え続けている為、遺品整理に対するノウハウを持たない業者が遺品整理を請け負うケースが増えています。

このような業者は、遺品に対して丁寧な扱いをしないばかりではなく、遺品の処分を適切におこなわず、不法投棄をすることもあります。

本来の遺品整理の方法は遺族の確認を取りながら、遺族に残すべき遺品と処分する遺品に分別した後、処分する品をリサイクルできるものと廃棄処分する物にさらに分別します。

リサイクルできる品物に関しては、買い取りをした後、修理、清掃をした後リサイクル品として販売、リサイクル出来ないものは資源にリサイクルする工場へ運搬されますが、悪質な業者の場合、適切に分別せずに不法投棄することがあるので、業者選びには注意が必要です。

 

遺品整理をする品物の中で個人情報の含まれている可能性のある物の捨て方

パソコンやスマートホンなどの個人情報が詰まっている可能性のある機器が遺品の中にあった場合には、お焚き上げをして、遺族にもパソコンやスマホに残されている個人情報を見られないようにするというサービスがあります。

また、パソコンをリサイクルする場合には、遺品整理業者が買い取り後、パソコンのデータを消去してパーツとして販売するという方法もあります。

故人が自分の死後、パソコンの内部にある情報をどのように処理するかという指示を残していなかった場合には、お焚き上げ、またはリサイクルという方法で処分し、個人情報を守る必要があります。

 

【まとめ】

正規の遺品整理業者、遺品整理士の資格を持っている遺品整理業者は、個人情報が詰め込まれているスマホやパソコンなども家族の希望に合わせて適切に処理くれますが、そうではない業者に依頼すると、個人情報が流出したり、大型の家具や家電を不法投棄されたりして、依頼した遺族に被害が出ることもありますので、遺品整理業者の選び方には十分注意する必要があります。