記事一覧

もっとみる

遺品整理士とは


遺品整理とは

遺品整理士とは、遺品整理を専門に扱う専門家のことです。 従来、遺品整理とは遺族がおこなうものでしたが、近年核家族化が進み、遺品整理をする遺族がいない、遺族だけでは遺品整理をすることができないというようなケースが増えています。 その様な場合に遺族に変わって遺品を整理する資格を持っているのが遺品整理士です。

 

遺品整理士認定協会が発行している遺品整理士の資格を持っている業者が安心な理由

遺品整理は、個人の住んでいた家にあるすべてのものを必要な物、不要な物に分け、必要なものは遺族に不要なものは処分するということです。 このような遺品整理の作業には、故人と遺族に対する心のこもった対応と遺品整理に伴う廃棄物やリサイクル品の取り扱いに関する各法規制など、様々な知識が必要です。 ここ数年の社会状況により、遺品整理を請け負う業者が増えてきていますが、遺品を雑に扱われた、遺品整理後、住居の壁や床が傷だらけになっていた、不用品を違法投棄していった、高額な料金を請求されたなどのクレームが後を絶ちません。 また、遺品の中には高価な品も含まれているものですが、そのような高価な品を適正な価格よりやるかに安い価格で無理やり買い取りをされてしまった、正当な査定をしてもらえなかったというような苦情も多く消費者センターなどに寄せられています。 その様な事態にならないようにする為には遺品整理士認定協会が発行している遺品整理士の資格を持っている業者に依頼することが、安心で、後悔することのない遺品整理につながります。 遺品整理士は、高い良識と確かな鑑識眼を持って遺品を整理し、それぞれの品物に対して適切な方法で処分し、見積もりで算出された以上の料金を請求することはないからです。

【まとめ】

家族や身近な人が亡くなり、遺品整理をしなくてはならなくなった時に、様々な事情で残された者だけでは遺品整理をできない場合があります。 その様な時の解決方法として、近年増えている遺品整理業者に依頼するという方法がありますが、遺品整理業者の中には悪質な業者もおり、遺品整理が良い結果に終わらないことがあります。