記事一覧

もっとみる

葬式などの準備で時間がない時に


時間がない時に

家族が亡くなると、葬式の準備をはじめとして、やらなければならないことが非常に多くあります。

それらのことは、身近に度々おこることではありませんし、親族を失くした悲しみの感情の中で進めていかなくてはならないので、スムーズには進まないものですが、時間が限られているので大変です。

その様な時には遺品整理を請け負ってくれる業者に遺品整理だけでも依頼すると、遺族の負担を減らすことができます。

 

葬式の前後にしなくてはならないこと

家族が突然亡くなってしまった時にしなくてはならないことはたくさんあります。

葬儀社に連絡し、遺体をどこに安置するかを決め、入院していた場合には自宅か最上や葬儀社の霊安室に搬送してもらい、故人を安置したらお坊さんに枕経をあげてもらいます。

次に葬儀をする場所を決め、どのような葬儀にするかを決めなくてはなりません。

それと同時に、親戚や個人の友人知人への連絡、入院していた場合には医療費の支払い、死亡診断書を持って役場へ行き、死亡届を提出、火葬許可証を発行してもらう、葬儀社を決め、通夜、葬儀の打ち合わせをする、遺影を用意する、お葬式で受付、会計をする、又はしてくれる人を決める、香典返しを用意するなど、実に多くの事をしなくてはなりません。

しかもいつまでにしなくてはならないという期限が限られているので、少ない時間の中でこなしていかなくてはならないので大変なのです。

 

【まとめ】

遺品整理まで手が回らないと思ったら、遺品整理の業者を活用しましょう。

慣れないことを次々にこなしていかなくてはならない上に、遺産分けについての協議もしなくてはなりません。

その様な時に、膨大な量の遺品があった場合、とうていそこまで手が回るものではありません。

昔は遺品整理を他人に任せるというような考え方はありませんでしたが、核家族化が進んだ現代では、全て家族だけでやろうとしても家族の人数が少なく、なかなか手が回らないというご家庭も多いのではないでしょうか?

遺品整理まで手が回らないと思った時には、遺品整理の業者を活用して、無事に遺品整理をすませましょう。