記事一覧

もっとみる

骨董品や美術品の買取のポイント


骨董品、美術品

遺品の中に骨董品や美術品があった場合、故人にはその価値がわかっていたはずですが、遺族にはわからないような品も多いのではないでしょうか?

その様な場合には、美術品や骨董品などの専門家に鑑定を依頼しましょう。

 

骨董品が出てきた場合

遺品整理で出てきた絵画、掛け軸などの美術品、壺などの骨董品の鑑定をプロに頼みたい場合、どうしたら良いでしょうか?

美術品や骨董品は、趣味のある人、知識のある人にとっては、価値のある物ですが、そうでない人にとっては貴重な品なのか価値のない品なのかということが判断できませんので、遺品の中に美術品や骨董品があった場合、専門家に鑑定をしてもらってから、どのように処分するかを決定することをお勧めします。

美術品や骨董品の専門家とは、美術品、骨董品などの買い取り業者、古美術商のことで、店舗買い取りをしている業者と出張買取をしている業者、宅配買い取りをしている業者があります。

故人が良く利用していた美術商に連絡が取れるのであれば、それが一番確実な方法ですが、連絡ができない場合は、美術品、骨董品などの買い取り業者に依頼して、遺品の鑑定をしてもらいましょう。

店舗買い取りをしている業者が、近所にあれば小さな品物などは持ち込んで鑑定をしてもらうこともできますが、遠い、素人には運搬できない、量が多い、重量があるなどの理由で持ち出せない場合には、出張買取の業者に鑑定に来てもらうことができます。

特に、素人が運搬すると傷つける恐れがある絵画や像などの場合は、出張買取が向いています。

出張買取の場合、ほとんどの業者は買い取りまで話が進まなかった場合でも出張料や鑑定料を請求することはありませんので安心して依頼できます。

小さな品物で壊れる恐れがないものは、宅配買い取りという方法もあります。

宅配買い取りは、電話やメールフォームで申し込みをし、業者の指定する方法で鑑定してもらいたい品物を送り、業者が鑑定して査定価格を知らせてくるという方法です。

査定価格に納得できれば買い取りをしてもらい、納得できなければ送り返してもらえます。送り返してもらった場合にも料金は発生しません。

 

【まとめ】

遺品の中に骨董品や美術品があった場合、もし知識がないのであれば、専門家に鑑定してもらいましょう。

保存しておく場合も処分する場合も、それぞれの美術品や骨董品に見合った扱い方が大切です。