記事一覧

もっとみる

安くて良い業者があるカラクリ


安くて良い業者

遺品整理業者には、相場価格より安い業者がいますが、相場価格より実際に安い業者と、安い業者に見えるような料金表示をしている業者がありますので、注意が必要です。

 

相場より安い業者が遺品整理をする方法は、

リユースとリサイクルを徹底し、捨てないようにすることです。

相場より安い業者が遺品整理の料金を安く抑える為に徹底していることは、遺品を捨てないということです。

このことによってゴミの処分費用を抑え、遺品整理の料金を安く抑えているのです。

ゴミの処分費用を抑える為には、完璧な分別作業をし、ゴミの種類によって個別の業者に回収を依頼することが必要です。

紙類は、雑紙専用のリサイクル業者に回収してもらう、衣類は海外に輸出する、ブランドの服や高価な着物はリサイクル品として販売する、家電製品はリサイクル工場に運搬し鉄資源にする、まだ使えるものは買い取りし、修理してリサイクル品として販売する、家具は国内での需要がほぼない為、海外に輸出する、まだ使用できる食器は海外に輸出売るというように、完璧に分別し、個別の回収方法を取るという工夫をしている為、ゴミとして廃棄処分をするよりもはるかに費用を抑えることができるのです。

海外へのネットワークの他に、買い取り価格がつかないような衣類や家具、食器などを生活困窮者に無料で譲るというような方法もとり、できる限り遺品を捨てないということを徹底して行っています。

従って、通常の業者は遺品の量が多ければ多いほど遺品整理の料金が高額になっていきますが、このような方法を取っている業者の場合には、再利用できるものが遺品の中に多ければ、その分割引されるので、遺品の量=高額という料金にはならず、安い料金になるのです。

ただ、相場より安い料金だと依頼者に思わせるような料金表示をし、実際には後で高額請求をしてくるような悪徳業者もいますので、料金が安いからと言って選ばず、説明を聞いたうえで信頼がおけると思ったら依頼するようにしましょう。

 

【まとめ】

相場より安い遺品業者には、徹底したリサイクルとリユースをし、国内で需要の無いものは輸出するなどの工夫をしてゴミを処分する費用を抑えて遺品整理の料金を抑えている業者と、依頼者が安い料金であると勘違いするような料金設定を提示して、遺品整理後に追加料金として高額請求をしてくる悪徳業者がいるので、安い料金の場合には、どちらのタイプであるかしっかり見極めて依頼することが大切です。