記事一覧

もっとみる

料金の相場と内訳


料金の相場

遺品整理を業者に依頼した場合、いくつかの料金設定の方法があります。

遺品の量や、故人が暮らしていた住居の広さや形態に合わせて、適切な料金設定の業者を選ぶようにしましょう。

 

遺品整理の料金の相場と内訳

回収物の量にあわせて軽・2tトラックなどを使い分けるので料金の無駄が出ません。

遺品整理の主な業務内容は、遺品の仕分け、分別、搬出、運搬、処分で、特殊な場合を除いて、短時間で終わらせることをサービスのポイントの一つにしています。

その為基本的な料金は、依頼された遺品すべてに対して短時間で完璧に業務を遂行できるだけの作業員数、搬出した遺品を1回で運搬できるだけの大きさのトラック台数を揃えた料金として算出されるので、家の間取りによって料金を決めている業者が多いようです。

ここ迄の業務内容に対する料金の相場は、1K で作業員が1名 だった場合には33,000円~45,000円、2DK で作業員が3名だった場合には110,000円~130,000円、4LDK で作業員が8名だった場合には250,000円~270,000円というように、だんだん料金が上がっていきます。

その他に、遺品の数が少ない遺品整理の場合、部屋数や部屋の広さではなく、遺品の数や重さによって料金を決める業者もありますので、遺品の量によって適切な料金設定の業者を選ぶようにすると、遺品が少ない場合は費用を抑えることができます。

遺品整理の業者の業務には、ここ迄の業務に加えて室内の清掃、個人情報の含まれるパソコンなどの処理、お焚きあげなどがありますが、そのような業務に対する料金をすべて含んで料金設定している場合と、オプションサービスとして別料金に設定している場合がありますので、どこまでが業務内容に含まれているかということを依頼する前に確認することが大切です。

 

【まとめ】

遺品整理の業者の中には、丁寧な仕事をしてくれる正規の業者と、需要が増えた為に資格を持たずに営業している業者がいます。

納得のいく遺品整理をしてもらう為には、料金の安さだけで業者を選ばず、丁寧な仕事をする正規の業者に依頼することが大切です。

もちろん、安いから質が良くない、高いから質が良いという訳でありません。

見積もりを出してもらい、作業の内容に対する説明を受け、信頼できる業者を選びましょう。