記事一覧

もっとみる

特殊清掃と一緒に頼みたい


特殊清掃と一緒に

親族や貸している部屋の住人孤独死した、部屋で事故死した、自殺したなど、特殊な状況でなくなってしまった場合、室内を原状復帰させるには、特別な知識を持った専門家の力が必要です。

実際に自分の身近にこのようなことがおこった場合は、専門家に相談しましょう。

 

孤独死、事故死などのあった部屋の特殊清掃と、故人の遺品整理を一貫して行うサービスもしています。

1人暮らしをしていた人の孤独死、室内での事故死、自殺などがおこった場合、心情的な問題もありますが、日常生活では発生しないような汚れを清掃し、臭いを取り去るには、専門的な知識と消臭、除菌、洗浄の為の特殊な薬品が必要です。

特に、発見が遅れた場合には、悪臭だけではなく、害虫が大量に発生してする、遺体から発生した感染症病原菌やウィルスが室内に蔓延しているというようなことが起きている恐れがある為、素人が遺品整理や清掃などの作業をするには危険な状態になっています。

その為、そのような事態に陥った時は、遺品整理と一緒に特殊清掃も頼む必要があるのです。

故人の亡くなった部屋が賃貸し物件であれば、完璧に原状復帰する必要がありますが、専門家に依頼すると、臭いや汚れを全て取り去ってもらうことができます。

 

遺品整理と特殊清掃を一貫して業者に依頼する場合の流れ

孤独死や事故死、自殺の場合には警察が来て現場を保存し、事故の状況を確認しますので、それが完了するまでは、遺族といえども室内に立ち入ることはできません。

この時期に遺品整理の業者に連絡をし、現在の状況を説明した上で遺品整理と特殊清掃を依頼すると、立ち入り許可が出たタイミングですぐに見積もりを出してもらうことができます。

現場への立会いをする勇気がない場合は、業者だけで室内に入ってもらい、状況を確認した後に見積もりを出してもらうこともできます。

死後どのくらい経ってから発見されたかということや、事故で受けた身体の損傷の度合いなどによって室内の状況は変わってきますが、畳の下どころか基礎部分にまで汚れと臭いが広がっている場合もありますので、状況によっては室内を解体して清掃、消毒、除菌作業を行います。

家具などの遺品も汚れの度合いや遺族の希望に応じて清掃する品、処分する品に分別し、作業を進め、除菌、消臭、清掃を完了させます。

 

まとめ

孤独死、室内での事故死、自殺などで親族が亡くなった場合、警察の状況確認が終わって立ち入りができるようになった後には、素人には落とせない汚れや臭いが染み付いてしまっている為、専門家による特殊清掃が必要です。そのような場合の特殊清掃は、遺品整理と一緒に遺品整理業者に依頼することができます。