記事一覧

もっとみる

特殊清掃と一般清掃の違い


特殊清掃

特殊清掃とは、遺体の発見が遅れたことから、汚れや臭気が籠っている室内、屋内を原状復帰させる清掃業務のことです。

一般清掃と違い、特殊な薬品を使用したり、部分的な家屋の解体をしたりする為、日数がかかります。

 

特殊清掃について

遺品整理とともに行う特殊清掃は、一般清掃とは違い匂いが酷く、自分で掃除をするのは無理な清掃です。

遺品整理はほとんどの場合、遺品の整理、搬出、運送、処分に加えて、室内の清掃をしますが、状況によっては、一般清掃ではなく特殊清掃が必要となる場合があります。

1人暮らしの人の病死、事故死、自殺など、室内で死亡した場合には、特殊清掃が必要です。

特に、発見が遅れた場合、害虫がわく、遺体からウィルスや感染菌が発生する、室内に通常ではつかないような汚れが付く、悪臭がこもるといった状況になる為、心情的に遺族には耐えられるものではないということの他に、素人が立ち入ると健康上の危険が及ぶ恐れがあります。

また、このような状態になっている部屋を、原状復帰させるためには、特殊な薬品を使って除菌消臭する必要がある他、見えない部分にまで浸透している汚れや悪臭を徹底的に取り除くため、床板や畳を取り換える、その下の基礎部分を解体し、除菌消臭をする、害虫の駆除をするなど、専門家でなくてはできないような作業が必要なのです。

そして、このような室内にあった家具や生活用品の搬出は、周囲に病原菌や悪臭をまき散らすことを避けなくてはならないので、通常の方法ではなく、特殊な梱包方法で搬出、運搬されます。

特殊清掃が必要な部屋で専門家の手を借りず遺族が清掃した場合に、故人が亡くなる前に苦しんだ痕跡など日常ではおこりえないような情景を見てしまう為に、心に傷が残ってしまうことがあります。

また、部屋にこもっている特別な臭いが鼻につき、何日もその臭いに悩まされるというようなことも起こります。

 

【まとめ】

家族や親族が部屋で亡くなってしまい、発見が遅れたような場合には、故人への思いがあったとしても、室内に立ち入るには十分な注意が必要です。素人には室内に立ち入るだけで心の傷になってしまうことも十分あり得ますので、専門家に依頼して遺品整理と特殊清掃をしてもらうようにしましょう。